大分県で矯正歯科医院選びで悩んでる方へ最新の情報を配信しています。
CATEGORY

インビザライン

  • 2020年2月25日

インビザライン、ブラックダイヤモンドドクター

ブラックダイヤモンドドクターとは インビザラインには、アライン・テクノロジー社が一年ごとに決定するインビザライン実績評価というものがあり、インビザラインを用いて歯列矯正治療をおこなう歯科医師の、年間の症例実績に対して、世界共通の7つのランクが設定され […]

  • 2020年2月18日

矯正装置を付けていると虫歯になりやすい?

歯列矯正治療は、主にブラケット矯正とマウスピース型矯正治療が一般的ですが、ブラケット矯正はブラケットという装置を歯の表側、もしくは裏側に装着して、ワイヤーを通して引っ張ることで、力を徐々に加えながら歯を動かしていきます。矯正治療中は装置をご自身で取り […]

  • 2020年2月17日

正確な歯型が取れる iTero Element

iTero Elementとは 近年、歯科医療において口腔内スキャナーの技術が飛躍的に進歩したことにより、シリコン印象での歯型取りに代わって口腔内スキャナーによって、歯列や歯茎の型をコンピューター上の3Dデータで再現することが可能になりました。 「i […]

  • 2020年2月9日

目立たない矯正治療

矯正治療の方法にはいくつかの種類がありますが、大きく分けると、ブラケットという装置を歯の表側もしくは裏側に装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かしていくブラケット矯正と、透明のマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせて新し […]

  • 2020年1月29日

すきっ歯の歯並び(空隙歯列)

空隙歯列弓(すきっ歯)とは 歯と歯の間に隙間ができてしまっている歯並びのことを、空隙歯列弓といい、一般的には「すきっ歯」と呼ばれます。中でも前歯2本の間に隙間が空いてしまうことを、正中離開といいます。見た目の問題の他にも、様々な悪影響を及ぼす不正咬合 […]

  • 2020年1月25日

噛み合わせが深い症状「過蓋咬合」とは

過蓋咬合とは 上下の奥歯を合わせた状態で、前歯が過剰に深く噛み合ってしまっている状態を過蓋咬合といいます。噛み合わせが深すぎるため、「ディープバイト」や「クローズドバイト」ということもあります。上の前歯が下の前歯に覆い被さってしまう過蓋咬合は、あまり […]

  • 2020年1月21日

歯がデコボコ、ガタガタの「叢生」とは

叢生とは日本人の不正咬合(悪い歯並び)の中でもっとも多いもので、歯が横一列に並ばず前後にずれていたり、歯が重なって生えてしまうようなデコボコした歯並びのことをいい、乱杭歯ともいわれます。また、犬歯が前に飛び出ている八重歯も、実は叢生の一つなのです。さ […]

  • 2020年1月11日

出っ歯の症状と治療法(上顎前突)

不正咬合(悪い歯並び)の一つで、口を閉じていても上顎が前に出ていたり、前歯が大きいため、前歯の一部が見えてしまっているような状態を上顎前突といい、いわゆる「出っ歯」とも呼ばれます。症状として、前歯で食べ物が噛みにくかったり、口を閉じることが難しいとい […]

  • 2020年1月10日

矯正歯科治療の痛みはありますか?

矯正歯科治療は、歯に矯正装置を装着することで、外部から圧力をかけて本来あるべき位置まで歯を動かす治療です。矯正治療は悪い歯並びや噛み合わせを正しい位置に整えることができるため、様々なメリットがある治療法です。しかし矯正治療を受けたいけれど、痛みが心配 […]

  • 2020年1月8日
  • 2020年1月8日

前歯が噛み合わない不正咬合とは

不正咬合(悪い歯並び)はいくつかの種類があり、不正咬合の中でも歯が前に出てしまっている、いわゆる出っ歯とよばれる歯並びや、下顎が上顎よりも前に出てしまっている、いわゆる受け口とよばれる症状の歯並びは、一般的によく耳にするのですが、不正咬合の中には前歯 […]

>大分の矯正歯科情報

大分の矯正歯科情報

大分県で矯正歯科治療を失敗しないために、歯列矯正・インビザラインの情報を配信しています。マウスピース矯正や目立たない矯正(裏側・舌側・リンガル)の情報を中心に一般歯科、口腔疾患などの情報も多数掲載。

※掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

CTR IMG