大分県で矯正歯科医院選びで悩んでる方へ最新の情報を配信しています。
SEARCH

「出っ歯」の検索結果12件

  • 2020年5月1日

矯正治療に抜歯が必要ですか?

矯正治療を受ける時、治療前に抜歯が必要な場合があります。または抜歯の必要がなく、治療をおこなえる場合もあります。抜歯の必要性の有無は、患者さんの症状や口の中の状態によって異なります。矯正治療の際に、抜歯が必要かどうかや、もし抜歯が必要な場合は、その必 […]

  • 2020年3月9日

子供の指しゃぶり等の口腔習癖

口腔習癖とは、口から喉までの部分に対して、無意識に繰り返しおこなっている癖のことをいいます。口腔習癖の中には、歯並びや噛み合わせなどに悪影響を与えてしまう場合があり、繰り返すことでますます症状を悪くしてしまいます。 子供の口腔習癖 指しゃぶり 指しゃ […]

  • 2020年2月22日
  • 2020年2月22日

裏側矯正は出っ歯の方におすすめ

上の前歯が前に大きく傾いて出ている不正咬合(悪い歯並び)を上顎前突といい、一般的には「出っ歯」と呼ばれます。出っ歯は見た目の印象が大きいことから、コンプレックスに感じてしまう方も多くいらっしゃいます。そのため、歯を見せて笑うことに抵抗を感じたり、話す […]

  • 2020年2月13日

インプラント矯正歯科治療とは

インプラント矯正とは、歯科矯正用のアンカースクリューというチタン製のネジを顎の骨に埋め込み、それを支点にして強い力で歯列全体を動かす矯正方法です。インプラント矯正はブラケット矯正治療と組み合わせておこなわれます。ブラケット矯正は本来、治療が完了するま […]

  • 2020年2月12日

部分矯正

歯列矯正治療は、悪い歯並びや噛み合わせを、正しい位置に整えることができる治療法です。治療法として、ブラケットという装置を歯の表側もしくは裏側に装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かしていくブラケット矯正と、透明のマウスピース型の装置を歯に装着 […]

  • 2020年1月21日

歯がデコボコ、ガタガタの「叢生」とは

叢生とは日本人の不正咬合(悪い歯並び)の中でもっとも多いもので、歯が横一列に並ばず前後にずれていたり、歯が重なって生えてしまうようなデコボコした歯並びのことをいい、乱杭歯ともいわれます。また、犬歯が前に飛び出ている八重歯も、実は叢生の一つなのです。さ […]

  • 2020年1月11日

出っ歯の症状と治療法(上顎前突)

不正咬合(悪い歯並び)の一つで、口を閉じていても上顎が前に出ていたり、前歯が大きいため、前歯の一部が見えてしまっているような状態を上顎前突といい、いわゆる「出っ歯」とも呼ばれます。症状として、前歯で食べ物が噛みにくかったり、口を閉じることが難しいとい […]

  • 2020年1月8日
  • 2020年1月8日

前歯が噛み合わない不正咬合とは

不正咬合(悪い歯並び)はいくつかの種類があり、不正咬合の中でも歯が前に出てしまっている、いわゆる出っ歯とよばれる歯並びや、下顎が上顎よりも前に出てしまっている、いわゆる受け口とよばれる症状の歯並びは、一般的によく耳にするのですが、不正咬合の中には前歯 […]

  • 2019年12月25日

矯正歯科での歯列矯正の必要性

歯がデコボコしていたり、前歯が前に出てしまっている、いわゆる「出っ歯」などの悪い歯並びの方は多くいらっしゃいます。しかし歯並びを治療せずに、そのまま放置している方も少なくないのです。歯並びが悪いということは、見た目の問題だけではなく、噛み合わせも悪く […]

  • 2019年12月25日

見えない矯正 裏側矯正(舌側矯正)とは

歯列矯正治療には、主にブラケットという装置を歯の表側、もしくは裏側に装着し、ワイヤーを通して歯を引っ張ることで、歯を動かしていくブラケット矯正治療と、透明のマウスピース型の装置を歯に装着し、10日〜2週間ごとに動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交 […]

>大分の矯正歯科情報

大分の矯正歯科情報

大分県で矯正歯科治療を失敗しないために、歯列矯正・インビザラインの情報を配信しています。マウスピース矯正や目立たない矯正(裏側・舌側・リンガル)の情報を中心に一般歯科、口腔疾患などの情報も多数掲載。

※掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

CTR IMG