大分県で矯正歯科医院選びで悩んでる方へ最新の情報を配信しています。
矯正装置による特性

矯正装置による特性

矯正装置の種類

矯正治療には歯を徐々に正しい位置へと移動させる「矯正装置」が必須です。装置の種類としては、歯に装置を直接接着させ、ワイヤーを通して治療を行なう「表側矯正・裏側矯正」、着脱可能なマウスピースを利用する「マウスピース矯正」とがあります。各種メーカーからさまざまな装置が販売され、現在もなお、開発・改良が進んでおります。

表側矯正

表側矯正は、「歯の表側」に装置を接着してワイヤーを通し、そのワイヤーの弾性を利用して歯を引っ張り、正しい位置へと歯を動かしていきます。定期的にワイヤーの交換や装置の調整を行ない、歯を引っ張る力加減をコントロールしながら、効率良く美しい歯並びへと導きます。

メリット

  • 矯正装置のなかでもっとも安価
  • 症状の程度を問わず、治療が可能

デメリット

  • 歯の表側に装置があるので、目立ちやすい
  • 外からの衝撃によって口内が傷つくリスクがある
  • ブラッシングしにくいので虫歯になりやすい

裏側矯正

裏側矯正は装置を「歯の裏側」に接着させ、表側矯正と同様、ワイヤーの弾性を利用して歯を引っ張り、理想的な位置へ歯を動かしていきます。装置の適切な装着位置、歯の動かし方などが重要になってきますので、とくに歯科医師の判断力・技術力が問われる治療方法です。

メリット

  • 装置が目立たない
  • 表側矯正に比べ、虫歯になりにくい
  • 舌癖(歯を舌で押してしまう)の改善につながる

デメリット

  • 舌に触れるため違和感を感じやすい
  • 表側矯正に比べて費用がかかる
  • ブラッシングしにくいので虫歯になりやすい

マウスピース矯正

歯の動きに合わせて新しい形状のマウスピースへと交換し、歯列全体に弱い力をかけて歯を動かしていきます。着脱が可能ですが、食事やブラッシング時以外は、1日中装着することが必要です。

メリット

  • 透明で目立たない
  • 取り外しができる
  • 違和感なく快適に過ごせる
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 1日中装着しなければならない
  • 症状によっては使用できない場合もある
  • ブラッシングしにくいので虫歯になりやすい

リテーナー

リテーナーはマウスピースのようなものです。どのような矯正装置を使用しても、動かした歯は、元の歯並びに戻ろうとする「後戻り」という力が働きます。そこで、リテーナー(保定装置)を使って矯正治療後の整った歯列を固定させておく必要があります。

(※この期間を保定期間と言います。)歯科医師の定期的なチェックのもと、一定期間、継続して使用していただきます。

矯正装置による特性
最新情報をチェックしよう!
>大分の矯正歯科情報

大分の矯正歯科情報

大分県で矯正歯科治療を失敗しないために、歯列矯正・インビザラインの情報を配信しています。マウスピース矯正や目立たない矯正(裏側・舌側・リンガル)の情報を中心に一般歯科、口腔疾患などの情報も多数掲載。

※掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

CTR IMG